2018年1月14日日曜日

The Children's Book,A.S.Byatt

クリックで拡大します

書誌情報

A.S.Byatt, The Children's Book, Chatto & Windus, 2009

あらすじ

フィリップ・ウォレンは、極貧の家庭から家出し、地下廟で暮らしていたが、美術の才能を見出され、児童文学作家オリーブ・ウェルウッドの田園地帯にある家に引き取られる。オリーブとハンフリーの夫妻はフェビアン協会の影響を受けており、芸術への造詣が深い。夏至には、親族や友人、近所の人を招待して、大規模なパーティを行う。夫妻には7人の子供がおり、いとこや友人の子供たちも交えて、多彩な人間模様を展開する。2009年ブッカー賞候補作。


所感

A.S.バイアットはノーベル賞の候補にも挙がる作家であり、1990年にはPossession(日本語訳『抱擁』)でブッカー賞を受賞しています。妹さんのマーガレット・ドラブルも作家です。代表作としては、The Virgin in the Gardenとこれに続く3冊の四部作があります。ただ、作品が専門的な細部に渡りすぎるせいなのか(?)、1作が長いからか、日本ではあまり人気がないのかもしれません。

本書は、バイアットの小説の中でも特に長いもので、登場人物も上図の通り、たくさん登場します。図に記載しているのは実際の登場人物の半分もなく、加えて、実在の人物や、近所の人や、名前だけ登場する人なども多数あります。19世紀終盤~第一次世界大戦終結にかけての子供たちの成長と挫折が物語の中心ですが、登場人物があまりに多いために、作者自身がexcel表で一人一人の管理をしていたそうです(Wikipedia)。私も、相関図を作るところから始めないと、混乱して内容を追えなかったと思います。

E.M.フォースターは『小説の諸相』で「小説を登場人物のキャラクターで読んではいけない」と書いていたと思いますが、私は、小説で一番興味があるのはキャラクターです。本書は、多数の人物が家族の秘密を知ったり、努力が実ったり、転落したり、と思えば思わぬ方から手を差し伸べられたり、多彩な色彩が入り乱れてマーブル模様を描き(ある人はタペストリーに喩え、別な人はモザイク画に喩えるようです)ます。でも、全体を通して、登場人物全員が関わる大きな事件が起きるわけではありません。そのため、単行本675頁の大長編の割に、ストーリーというものが欠落している印象はありますが、キャラクターの性格がその言動を通じて緻密に描かれるので、私はとても楽しく読みました。女の子たちが、賢く、強く、心優しいです。年末年始の休暇に、親戚の訪問もせず、年越しや年始のイベントにも参加せず、気に入っているゲオルク・ムッファトをBGMに、ひたすら読書に勤しみました。結果、至福の休暇でした。仕事がい●がしく、娯楽のための読書から少し遠ざかっていましたが、これこそが自分のしたいことだし、こういう本を読むために生きているのだと思いました。

ところどころに、非常に印象に残る記述があり、それは例えば以下のようなものです。
...there are childless marriages in which the unique pair are everything to each other, everything. They enact  the absent children, they love the child in each other, they have a capacity for play and innocence which often disappears from more fecund relations. (p.204)
 The world is full of things I don't know, and shan't know. ...I am very good at not seeking to know what does not concern me. Often it is best to remain ignorant for ever of painful things. (p.477)
She had sensed him an incomplete person, not in the real world, and talked to him for that reason, because there was no threat in him. Now she saw how deliberate was this absence of threat. (P.557)
バイアットの小説は、これまでに、『抱擁』と、The Game,Angels and Insects,Ragnarokを(相当苦労して)読み、The Virgin in the Gardenは半分で挫折しました。本書は、これら4冊を合わせたよりも10倍くらい楽しみました。英語は難しいことは難しいですが、先を読みたくなる文章なので、あまり気になりません。自分よりも概ね100歳くらい年上の人たちの成長物語なので、100年前はこんなだったのか、という意味でも興味深いものがありました。現代に生きるのも大変なことはあるけれど、それでも、100年前よりは確実に生きやすくなっていると思いました。これくらい好きな感じのものを読むと、次に何を読めばよいのか、よく分からなくなってきます。

なお、PossessionAngels and Insectsは映画化され、共に高い評価を得たとのことです。本書も映画化されるのではないかと期待しています。

2018年1月2日火曜日

年末年始

クリスマスイブが休日でしたので、夫の誕生日とあわせてお祝いしました。日頃、散々ラクをした挙句に、イベントにかこつけてご馳走を食べて消費活動に走るなど罪深いことですが、普段は残業が好きで、家事が疎かになることが多いので、機会を見つけて掃除や料理を頑張らないと、堕落しそうに思っています。とはいえ、お皿のオードブルはデパ地下から調達したものです。シチュー、サラダ、春巻きを作りました。夫の誕生日プレゼントに、ベートーヴェンのバイオリン・ソナタの楽譜を贈りました。夫は、ドラム式洗濯機をプレゼントしてくれました。雨が続く季節に、晴れ間を狙って洗濯しなければならないのがストレスでしたし、朝4時に起きて、洗濯に費やすのももったいない気がして、乾燥機能付きが欲しいと思っていたからでした。夫は家事の効率化は積極的に進めたいと言い、なんとゴージャスなプレゼントを頂いてしまいました。

お雑煮やお節料理が苦手で、一式買うのも気が引けるので、赤飯などを準備して、彩りだけお正月らしくしてみました。
大晦日に買ったスイセンは、最初3つしか開花していませんでしたが、蕾が開花しました。本はA.S.ByattのThe Children's Bookで、2009年のブッカー賞候補作です。外出も、勉強も家事もサボり、本ばかり読んで怠惰に過ごしています。

ブログをお読みいただき、ありがとうございます。今年も良い年でありますように。




2017年12月23日土曜日

KO通信・夜スクーリング


日暮れて
 KO通信のスクーリングは、オンライン配信されるもの、6日間の夏期集中講座、週末×3回分の週末スクーリングの他、9~12月の毎週決まった曜日の夜間に、12回にわたり開講される夜間スクーリングがあります。今年は週2回、夜間スクーリングを受講しましたが、思った以上に大変でした。

まず、職場~三田のキャンパスまではdoor to doorで30分はかかるので、終業のチャイムが鳴ると同時に職場を出なくてはなりませんが、残業せずにとっとと帰るのはサボっているようで精神衛生上、とても良くないです(実際は、その分、毎日定時より2時間早く出勤しているので、問題ないはずなのですが)。通学の学生は、ちょうど授業が終わって帰る時間帯で、すれ違う学生は皆さん、優秀で(KOの通学生なので、当然です)、前途有望であるに違いなく、一方、私は学生時代に勉強しなかったツケが回ってきて、今頃こんなことをしているのですから、文字通り「日暮れて途遠し」という惨めな気分になります。食事をする時間もなく、講義を受けて、帰宅すると21時を過ぎるので、最低限のことをして就寝し、翌朝は4時起床で洗濯物を干して、出勤する、という生活でした。

全24回のうち、3回は仕事が入ってしまって聴講できませんでした。夜スクーリングは東京と大阪でしか開講されないので、4時起きでも、日が暮れていても、時たま仕事が入っても、受講できることに感謝しなくてはなりません。KO通信では、スクーリングは多すぎず、少なすぎず受講するものであって、自学自習のテキスト学習が中心ですが、夜間の大学などに通う人は本当に負担が大きいと思います。最終回の試験が終わったときは肩の荷が下りたように思いました。自分は、社会人向けの大学で勉強するには条件が恵まれている方だとは思いますが、これを数年間も続けることはとてもできそうにありません。加えて、今回受講していた授業は内容が難しく、着いて行けていませんでした(ただ、その点は先生も勘案して下さってなのか、試験は持ち込み可で、そこまで難しいものではありませんでした)。

仕事が終わってから講義を受けるのはとにかく負担が大きいので、来年は、受講するとしても短期決戦型の夏期スクーリングと週末スクーリングだけにしようと思います。ここまで根性がないということは情けない限りですが、まだ先は長いので、息切れしないように騙しだましでしかできません。

なお、スクーリングのない日は、「今日は好きなだけ残業できる!」と大喜びで (?)やっていたら、年末に上司に呼ばれて、「仕事しすぎ。3月まであなたの担務は他の人に回すからね。新しい案件は手を付けてはダメ」と言われるというオマケまで着いていました。



2017年12月9日土曜日

1年と3年を振り返る

リスボン
映画『アンジェリカの微笑み』的な





気が付いたら12月になってしまいました。今年の目標達成度は5段階で3くらいでした。
  • 「すぐやります」と言わない。⇒ほとんど言っていません。「そんなことを言う前に、『もうやりました』という既成事実を作ってしまえばいいんだ!」結果、「そんなに急いでやらなくていいからね」と言われるようになりました。
  • 「私がやっておきますね」と言わない。⇒ほとんど言っていません。「そんなことを言う前に『私がやっておきました』という既成事実(以下略)」
  • 期限ブッチ切り回答を常態化させない。⇒順調にブッチ切っていました。1週間以内にやるように言われたことは1週間でやればよいのであって、その日のうちに済ませる必要はないのに。好きな言葉は前倒し。
  • 明日できることを今日やらない。⇒明日できることを今日はやりません。明日すべきことは5日前に既に終わらせているから。
2014年の12月に仕事を始めました。3年前の就職活動の時に、「旦那さんの収入で十分暮らせるのに、なぜわざわざ(専業主婦をやめて)就職するんですか?」と尋ねられることがありました。男性に対して、「奥さんの収入で十分暮らせるのに、なぜ働くんですか?」という質問をすることはまずないと思うので、釈然としませんが、その時は「自分の生活費は自力で得たいと思うからです」と答えていました。今、同じ質問をされたら「楽しいからに決まっています」と答えます。ブランクがあるにもかかわらず、希望の法務職として拾って頂き、新しい職場は親切な方ばかりで、英語を使う機会もあり、うれしかったです。日々、諸先輩を仰ぎ見て、100年たっても到底あんなふうにはなれないな、としょんぼりする一方で、最近は、「その仕事の速さはちょっと真似できない」、「これほどの適材適所はない」、「法務部にはpunkaさんという人が2,3人いるのかと思っていた」等と言って頂けるようになりました。毎週、金曜の夜には夫に「今週も楽しかったです。嫌なこともあまりありませんでした」と言っている気がします。何も特別なことはなくても、家族にそのように報告できる1週間が蓄積されて行くことが一番だと思っています。




夫は秋以降は毎月のように海外出張がありました。流石のグローバル人材です。出張先のポルトガルから写真を送ってくれました。どんなところか、イメージも付かなかったのですが、写真を見て、いつか行きたい憧れの場所になりました。中継のヒースロー空港から、「ハロッズの売店でお土産買う?」と連絡をくれたのですが、紅茶150gよんまんごせんえんと言い、そんなものを買ったら我々の冬季賞与がスッカラカンになってしまうので、お気持ちだけで結構です、と言いました。あまりに高いので、頭に来て、三越に行って散財しました。フォートナム&メイソンの紅茶と、パッケージのきれいなクリスマスのお菓子を買いました。ヒースローの1/15以下でこんなに良いものが買えるとは。お菓子の紙袋は、捨ててしまうのがもったいないので、絵の部分を切り取って、本棚に貼りました。

2017年12月2日土曜日

東京ジャーミイ


 「もし、あなたにあらゆる能力が備わっていて、どんな勉強でもできるとすれば、何を勉強しますか」という質問を、家族や親しい友人にしてみると、ほぼ間髪を入れずに、思いも寄らなかった答が返ってくるのでおもしろいです。私は、もし数学的な能力があれば、建築を勉強してみたかったです。建築を勉強することは適いませんが、美しい建物を積極的に見に出かけたいと思っています。

東京ジャーミイは代々木上原駅の近くにある、日本最大のイスラーム礼拝堂です。夫に「モスクに行ってみようと思います」と言ったら、「イスラームに入信するんやな。ええと思うわ」と言われました。甚だ不信心ではありますが、建物目的であって、入信目的ではありませんでした。

ドームにモザイクが施され、ステンドグラスから外の光が差し込む礼拝堂でした。イスラーム建築は、西洋建築とはかなり違う特色があるようです。画像検索すると、豪華絢爛な写真が検出され、くらくらします。本場のモザイクは、東京ジャーミイよりも100倍くらい模様が細かく、凝ったデザインですが、東京ジャーミイのモザイクやステンドグラスも、すっきりとして控えめで、美しいと思います。

訪問した日は、バザーが開催されていて、礼拝堂では子供たちがコーランの暗誦をしていたので、早々に退散しました。礼拝中は写真撮影は禁止なので、じっくり見学で来そうな時間帯を見計らって、再訪したいと思いました。


バザーで、カルダモンとダマスクローズのドライフラワーを購入しました。バラは、名前のとおり、シリアから輸入されたものです。琴ペンの卵立てに飾りました。東京で見られるイスラーム建築きれい!のようなミーハー的な感想に留まらないで、西アジアの情勢や、何が問題となっているのか、もっと関心を持たないといけないと思いました。