2017年7月30日日曜日

ベルギー奇想の系譜(展覧会)



Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「ベルギー奇想の系譜」展へ行きました。展示内容は15世紀~現代までと幅広く、ヒエロニムス・ボッスやブリューゲルなどの精密な作品、象徴主義、逆さ吊の骨格などのわけの分からない現代アートなど、盛りだくさんでした。

ボッス、ブリューゲル

ピーター・ブリューゲル父『忍耐』1557年
ポスターやチラシに印刷されているヒエロニムス・ボッスが今回のイチオシなのだろうと思います。細部までおもしろい描写で埋められていますが、小さい絵で、人気もあって混雑しているので、オペラグラスがあれば良かったと思います。先月まで開催していた、東京都美術館の「バベルの塔」展は一人で行きましたが、今回は夫も行きました。その時と同じ版画作品も多く展示されていました。「バベルの塔」は、チラシや絵葉書を見せて、私が「モンスターかわいい、琴ペン飼いたい」と騒いで、夫に悪趣味だと言われました。実物を見ると、夫もかわいいねぇ、と言っていました。

象徴主義

ヴァレリウス・ド・サードリール『フランドルの雪』1928年、アントワープ王立美術館
~17世紀のコーナーが終わると、急に人がまばらになります。それまでの大勢の観客は、どこへ行ってしまったのか、不思議なくらいです。私はモンスターも好きですが、そればかりだと嫌で、美しいものも見たいので、素通りしたらもったいないと思うのです。ジャン・デルヴィルの「レテ川の水を飲むダンテ」は美しい夢のようですし、クノップフのパステル画はローデンバックの短編を視覚化しているし、ウィリアム・ドグーヴ・ド・ヌンクが2枚出展されていたのもうれしかったです。ヌンクは薄明かりの絵画botとしては素通りできない画家ですが、なかなかまとめて見る機会はないようです。ベルギーのクレラー・ミュラー美術館へ行ってみたいものです。

ヴァレリウス・ド・サードリールは、今回初めて知りました。静謐な冬景色を好んで描く画家です。

夫に「象徴主義って何なん?」と訊かれて答えられず、情けないことになりました。Wikipediaで調べてみると、何やら難しいことが書いてあります。「理想世界を喚起し、魂の状態の表現を特別扱いする印象や感覚を探求」??こんなこと、即答できるように準備しておかないといけないんでしょうか…

シュルレアリスム



マグリットやデルヴォーは、シュルレアリスムと美が両立していて、物語性も感じます。今回、出展されていた姫路美術館所蔵の「海は近い」(デルヴォー)も特に好きな作品です。デルヴォーの絵から、人はどんな物語を思い浮かべるのか、どうしても知りたくて、本を買いました。
  • ミシェル・ビュトール『ポール・デルヴォーの絵の中の物語』
    内容は少し難解ですし、図版が白黒なのが残念ですが、オンラインで画像を参照して、雰囲気だけでも楽しめればよいかと思います。
  • アントワーヌ・テラス『ポール・デルヴォー』
  •  長野まゆみ『夜間飛行』
    軽めの小説です。デルヴォーの他、ジョゼフ・コーネルの箱の写真なども掲載されていますが、絵と内容があまり合っていない気がします。

現代アート

 特にコメントはありません。




2017年7月2日日曜日

驚異の部屋に相応しい絵


驚異の部屋は博物館・美術館の原型なので、絵画も陳列されます。好きな絵を陳列すれば良いのですが、驚異の部屋に似合う絵と、そうでもない絵があると思います。驚異の部屋向きな絵とはどんなものか、考えてみました。気分の問題ですが、額装して、毎日目にするので、リトグラフとか、良い印刷のものだとうれしいと思いました。デジタルフォトフレームは論外です。美は、効率化とは両立しないものだと思っています。


博物画

驚異の部屋に定番の絵としては、まずは博物画があります。驚異の部屋の趣旨からしても、博物画は特にふさわしいものだと思います。鉱物画やキノコが好まれるでしょうか。ボタニカル・アートも博物画の一分野ですが、ルドゥーテのバラを好む層と、驚異の部屋愛好層はあまり重ならない気がします。天文図も人気があると見受けます。鉱物画やフィリップスの星座早見表などは、私にはとても手が届かず、持っているのは卵の図と、天文図1枚、W.Kranz作の夜の絵です。天文図は、デパートの文具売り場で額装してもらいました。地味な図版ですし、机の上にペラっと置いてあるだけではまるで有難味もないですが、額装すると見違えるようでした。野鳥の卵は、階段のタペストリーの隣に掛けています。

J.J.グランヴィル

(誰にお勧めしているのか分かりませんが)、J.J.グランヴィルは驚異の部屋にお勧めのイラストレーターです。着想がユニークで、描写は精密、美しさとグロテスクが混在しています。絵は、版画(技法は不明)に、手彩色を施しているようです。ところどころはみ出しており、そんなにうまい塗り絵ではないですが、淡い色合いが良いです。ウォルター・クレイン、ミュシャ、エルサ・ベスコフ、エルンスト・クライドルフ等の一連の花の擬人化は、すべてグランヴィルが原点なのかと思っています。

手持ちのスミレの絵は、2014年に購入し、そのまま放置していました。飾り用途の物を温存しているのは、実用品を飾っているのと同じくらい、意味のないことなので、安価な写真フレームを購入し、マット紙のみ、絵のサイズに合わせて誂えました。デパートで額装してもらう場合の1/3以下のコストで収まりますが、そこまで違うようには見えません。気に入ったフレームさえあれば、お仕着せでも良いのではないかと思います。


有名でないターナー、彗星

とはいえ、絵葉書も飾ります。整理してみたら、1000枚くらいはありそうだったので、飾らないともったいないと思いました。1枚目は、オクスフォードのウィリアム・ターナーのものです。同時代で作風も似ている、より有名なJ.M.W.ターナーとは別人で、区別するため「オクスフォードのターナー」と呼ばれます。


ベルギーのシュルレアリスム

現代に近くなると、マグリットとデルヴォーが驚異の部屋的だと思いますし、驚異の部屋愛好家はマグリット好きが多いように思います。デルヴォーと驚異の部屋のつながりは、anatomical Venusだと思います。自分の好みで言うなら、マグリットやデルヴォーはすごく良いな、と思う作品と別に興味ないわと思う作品とが半々くらいです。シュルレアリスムの画家でも、マックス・エルンスト、ダリ、デ・キリコなどは驚異の部屋とはかけ離れています。マグリットやデルヴォーの原画を飾るわけには行かないので、絵葉書で満足しています。フレームはMOMAのロイド・ライトのデザインを翻案しているものです。

来月、Bunkamuraのザ・ミュージアムで開催される「ベルギー奇想の系譜」展は多分にヴンダーカンマー的なのではないかと期待しているところです。

ところで、マグリットについて調べていて、すごいものを見つけてしまいました。「ルネ・マグリット 図録と画集に見る作品参照データベース」というサイトで、 マグリットやデルヴォーのあらゆる図録・画集を、サイズ、図版の数、内容を含め、データベース化し、検索できるようにしています。仕事で業務効率化を担当していることから、データベース構築に常に悩まされています。膨大なデータを含み、きれいに整備された、検索しやすいデータベースには心底憧れます。すばらしいデータベースだと思いました。

2017年6月17日土曜日

後ろめたい喜び(バベルの塔)


東京都美術館「バベルの塔」展
金曜日の終業後に、行ってきました。金曜日は20時まで開館しているからでした。同じく仕事帰り・学校帰りらしい老若男女で大賑わいで、チケット売り場には行列ができており、コインロッカーはすべて使用中になっていました。展示物の前も、押すな押すなの大行列です。待ち時間がない分、ありがたく思えということなのでしょうか…美術館は、フェルメールの前でイェーイと言って写真撮影できる程度に空いているのが好みです…


Guilty Pleasure
ヒエロニムス・ボッスの作品は、今回は2点しか出展されておらず、それも変なモンスターがたくさん描きこまれたものではありませんでした。ボッスの作品で特に人気があるものは、「地上の楽園」等だと思います。グロテスクで、ユーモラスで、見ようによっては気持ち悪く、美しいところは特になく、でも妙にかわいい部分もあり、見ていると後ろめたい気分になります。夫に「今日行った展覧会はすごくかわいいのが多くて、」という話をして、チラシや絵葉書を見せたら「悪趣味やな」と言われました。絵画は、細部が非常に精密に描写されていて、空いているときに近付いて観賞できるとよかったのに、と思います。欧米の美術館に行ったとき、だいたい素描と版画の部屋は素通りでしたが、もったいないことだったかもしれません。ブリューゲルも、農民の絵よりもモンスターいっぱいの絵の方が楽しいです。
なお、「地上の楽園」はWikimedia Commonsで拡大して細部まで好きなだけ眺めることができます。良い時代になったものです。

エッグスタンド
就職して、多少の可処分所得を得られるようになったにもかかわらず、あまり欲しいものがなくなりましたが、展覧会の公式サイトで、モンスターの絵付のエッグスタンドが販売されているのを知り、欲しくて矢も楯も堪らないほどでした。茹で卵などまず食べないのに、3つも買ってしまいました。お気に入りは、琴ペン(写真右)です。鳩のようでかわいいし、ハープを担いでいるのも良いです。夫は、「この人の服、拷問する時に着るやつやで。趣味悪いんとちゃう」と言うのですが、なんとなく性格が良さそうに見えます。「忍耐」というタイトルの版画の一部で、絵葉書にはちゃんとPatienceの印字もあるので、机の前に飾って、大切にしたいと思います。


2017年5月27日土曜日

オルガン付

これまでに、結婚前も含め、夫と行ったコンサートは5回、10回には止まりません。プロ・アマ含め50回は下らないはずです。夫に「これまでに行ったコンサートで一番良かったのは何ですか。私はBSOのオルガン付なんですけど」と言うと、「オルガン付やな」と即答されました。「今度、●●でオルガン付やるんですって。ちょっと遠いですね」「遠いけど、オルガン付のためなら行くわ」と言うので、出かけました。

BSOのオルガン付を聴いたときは、衝撃的でした。50回のコンサートのうち、ガッカリしたのは3回くらいで、他はどれも良かったですが、オルガン付だけは別格で「良かった」だけでは到底言い尽くせません。

どこに聴きに行こうと、必ずあの経験ができるものと、2人で期待していました。今回も、すてきなコンサートではあったのですが、「楽器の中に入っているような」、「心臓に音が響く」という感覚はありませんでした。オルガンという楽器が、どの程度演奏家の力量を反映するものなのか、分かりませんが、演奏家ではなく、楽器の大きさやホールの音響の問題かという気がしています。ボストンのシンフォニーホールは古く、防音はイマイチで、外の救急車の音なども演奏中によく聴こえます。ただ、オルガンは大きなパイプがステージの壁を埋めています。ホールの写真を見ると、この規模のパイプが壁一面に配置されていれば、壁を通してちょうど「楽器の中にいる」感覚になるだろうと思います(音響の専門家ではないので、見た感じで言っているだけです)。今回の●●ホールのオルガンが小さいということはないのですが、パイプはステージ奥の壁の面積の半分くらい?のように見えるので、ホールの規模からすると、オルガンは大きくはないのかと思います。それで、BSOの時のような大迫力ではなかったのかと思っています。夫と私は、通常は、結果が悪かった時に落胆しないように、何事にも期待しすぎないようにしているのですが、とにかく期待しすぎて、終演後、「あの時の衝撃はないですね」「ないなぁ」とやや微妙な感じになりました。聴く側が悪いのであって、コンサートが悪かったということではありません。

ボストンには、シンフォニーホールと、ニューイングランド音楽院のホール、ニューヨークのクラシック音楽のコンサート用のホールは、カーネギーホール、リンカーンセンター、他にオペラのメトロポリタン歌劇場がありますが、首都圏のコンサートホールの多さには驚きます。今回も客席は50%は埋まっていない感じでした。ちょっとホールが多すぎる気がしますが、どうでしょうか。オルガンのあるホールも多いです。

2017年5月21日日曜日

庭仕事



昨年秋に転居した賃貸アパートは、とても小さい花壇とさらに小さいウッドデッキが付いています。冬の間は放置していたため、ハコベ、ナズナ、ホトケノザなどが繁茂していましたが、撤去し、種をまき、苗を植えました。花壇には、ラベンダー、アサガオ、テッポウユリ、スズラン、ヒエンソウ、アヤメ、ヤグルマギク等を植え、鉢植えは、ギンモクセイ(銀木犀。金木犀ではなく)、ヒイラギモクセイ、ギンバイカ、クロモジ、アンズ2本を植えました。購入時から成長したものもあるとはいえ、植えた本人の自己満足でしかなく、どの苗木もヒヨヒヨです。

種をまいて、発芽しなかったものも多いです。花壇にもともと入っていたのが、粘土質で水はけの悪い土だったのが原因かもしれません。苗で買ったものも生育が悪い気がしています。近所のホームセンターで投げ売りされていたデルフィニウムとラベンダーだけは良く育っています。初心者は、種ではなく苗から育てる方が良いのでしょう。




デルフィニウムを摘んできて、飾りました。驚異の棚には、何かしら植物があると良いと思っています。花弁を乾燥させると、色がきれいに残るので、ボストンで入手した古いガラスの器にラベンダーと一緒に保存しています。

昨年植えたヒイラギは、冬に花が咲いたものの、思ったよりも香りがしなかったため、ギンモクセイとヒイラギモクセイを追加しました。これらは生垣を作ることが多く、鉢植えで後生大事にするようなものではありませんが、手入れもあまりしなくて良く、姿が良いと思っています。ギンバイカとクロモジは、葉に芳香があります。ギンバイカは、写真で見る限り花もきれいなので、楽しみにしています。クロモジは地味であり、渋いです。ロウバイの香りも好みですが、苗木が高価なので、諦めました。

野菜や果物は、素人が作るよりも、プロが作ったものを買う方が、安くて味も良いですが、アンズは流通量が少ないため、植えてみました。当分実がなることはないようなので、まずは花を楽しむ目的です。中国の「杏林」の逸話もすてきです。