2017年3月20日月曜日

皇帝、ブラームス(シェーンベルク)


画像は無関係です

お友達ご夫妻と一緒に、東京オペラシティのコンサートに行きました。指揮者は高関健、オケは東京シティ・フィルハーモニックで、曲目は
  • ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
  • ブラームス ピアノ四重奏曲第1番 シェーンベルクによる管弦楽編曲版
でした。「皇帝」のソリストは17歳の牛田智大さんです。ルックスから注目されることもあるようですが、奇をてらわない、端正な演奏で、夫は「清潔な感じやね」と言っていました。

ブラームスのピアノカルテットは、カルテット版は時々録音を聴きますが、シェーンベルクの編曲版は初めてでした。指揮者がプレトークで「オーケストレーションは、ブラームスの箇所と、シェーンベルクそのもの、という箇所があります。1楽章は前半ブラームスで後半シェーンベルク、2楽章はほとんどブラームスで、最後に少しだけシェーンベルクが顔を出し、3楽章は前半はブラームスで後半シェーンベルク、4楽章は全部、完全にシェーンベルクです。ブラームスとシェーンベルクの境目にシンバルが鳴るのが合図です」と仰っていて、曲を聴いてみるとなるほどという感じでした。シンバルの後は派手で、色々な打楽器が鳴って、どんちゃん騒ぎのようになるのがおかしいです。旋律はブラームスだけれど、聴こえる音色は明らかにブラームスではなく、他人の服を着て、全然似合わないことをしているようで、こういうのもおもしろいと思いました。

アメリカから帰国後、プロのコンサートには初めて行きました。ホールの設備や音響という意味では日本の方がアメリカよりも上だと思います。あと、東京、神奈川はコンサートホールの数がすごく多いです。多すぎと言っても良いくらいです。ほとんどどこのホールにもオルガンが備え付けられているので、次はサン=サーンスのオルガン付を狙います。

2017年2月26日日曜日

バレンタインデー

昨年のバレンタインデーは何もなしでしたが、今年は盛りだくさんでした。
夫からもらいました。夫は、バレンタイン用に小さいお菓子をいくつか用意し、オーケストラの練習の時に頂くと、その場で返すそうです。1か月待ってから返すとすごい量の利子を付けないといけないと言いますから、その場で返すのはスマートで良いアイディアだと思いました。多めに買って、余った分をくれました。以下のチョコレートは外国製でしたが、味は日本製のチョコレートが一番です。


自分で買ったスペインのアマリエ。 菫の缶が欲しくて買いました。バレンタインデーは本来、(日本では)女性が意中の男性にチョコレートを贈る日だというので、夫に「も」食べてもらいました。私がきれいな包装のお菓子を買って喜ぶ日と化していますが…アマリエは、昔ミュシャを後援していたそうで、ミュシャの絵の付いた缶入りチョコレートも販売されています。3月に入ると新美術館でミュシャ展が開催されるそうですので、行かないと。


頂き物のドゥバイヨル。憧れのブランドです。自分ではちょっと手の出ないお値段です。もちろん箱も中身も芸術的で美しいのですが、チョコレートのお味は、正直そこまでのもの???という感じでした。私の舌がおかしいのかもしれません。



バレンタインとは関係ありませんが、ある朝出社すると、机の上に小さな紙袋が置いてあって、中にはアメリカのお土産の化粧品と、お菓子が入っていました。色を塗らない目的の化粧品は、ドイツ発の一番安い、青い缶入りのアレと、アメリカ発の石油由来のアレしか使わないので、こんなオシャレなものを頂いてもったいないと思いました。選んで下さったのは、六尺豊かなスポーツマンの先輩で、部員一人一人の机の上に袋が置いてあったので、「私が不在の間、お利口にしていたかい」というようなメッセージを感じて、楽しく、うれしかったです。

2017年2月4日土曜日

羽田空港のナゾのお土産


十代の頃に、父が買ってきてくれたお土産がとてもおいしいと思って、もう一度買ってほしいと何度か頼んでみたのですが、他の家族はそこまでおいしいとも思わなかったようで、食べたこと自体、憶えていないようでした。「羽田空港のお土産で、クッキーの間にショウガ風味のナッツの飴が挟んである和菓子で、包装にヒョウタンが描いてある」と説明しても、「???」という顔をされるばかりで、分かってもらえませんでした。まず、買ったのが空港だったとしても「羽田空港のお土産」ということはないはずですし、クッキーの間の飴にしても、ハードキャンディを思い浮かべるなら変な感じがするので、分かってもらえないのは当然です。デパートで諸国銘菓のコーナーがあるといつも探しましたし、インターネットでも探しましたが、全くそれらしいものが見つかりませんでした。

20年近く、あれは何だったのだろう、と思い続けていたのですが、ついに駅で見つけました。目黒発の「六瓢息災」というお菓子でした。目黒の本店の他、空港や、いくつかの駅でしか販売しておらず、デパートの取り扱いはないようです。自分用のお菓子としては高価ですが、ここは大喜びで購入するしかありません。 自分ではまず作れなさそうな、凝った作りのお菓子であり、記憶と同じ味だったので、うれしく思いました。でも、夫は「さっきのお菓子何やったっけ?六波羅探題?わしはもうええわ」と言って、あまりおいしいとは思わなかったようです。

2017年1月28日土曜日

『エヴォリューション』

ルシール・アザリロヴィック監督『エヴォリューション』(2015年、フランス)を見ました。全米が泣いた超大作ではないため、そこまで話題にもなっていなかったようです。オフィスビルの一室を改装したような映画館で、ホームシアターよりは少し大きいくらいのスクリーンに映写されるのを、観客はみんな座椅子に座って見る、おもしろい場所で夜遅くに見ました。

少年とその母親、女性医師と看護婦のみが暮らす孤島で、少年たちが得体の知れない薬を飲まされ、よく分からない手術を施され、衰弱して行きます。10歳くらいの超絶美少年の二コラが見る世界は、歪で、気味の悪いことばかり起こります。

ヒトデの生態をヴンダーカンマー調に描いたホラー映画だと思います。銀色の魚や、イソギンチャク、海藻漂う青緑色の海や、デルヴォーやデ・キリコを思わせる海辺の街並みを、ランタンを提げて歩くシーン、ほの暗い病室など、美しい薄明かりの絵が満載です。また、赤いヒトデその他の海の生物、ホルマリン漬け、医療器具等のヴンダーカンマー要素も良いです。ただ、生理的嫌悪感を催す、気持ち悪い部分もたくさんあって、美しい部分と混ざり合ってマーブル世界を構成しています。見てしばらくは、食事の度に気分が悪くなることは間違いないです。アザリロヴィック監督のもう一つの長編映画、『エコール』は10年前に映画館で見たのですが、どちらも類稀なる変な作品です。

本作は、結婚記念日に夫と見に行きました。夫は「デートで連れて行ったら、その場で振られても文句は言えんで」と言っていましたが、結構気に入っていたようです。結婚した翌年から、毎年結婚記念日など全く頭になく、どちらかの家族がお祝いを言ってくれて始めて思い出すのが恒例でしたが、一度、このように思い出深いイベントがあると、しばらくは忘れそうにありません。以後、記念日は「不気味系のイベントがある日」ということにしたいと思います。

2017年1月14日土曜日

驚異の青い棚 10. 昔玩具、今お宝



子供の頃に、両親が「トウキョウのお土産だよ」と言って出してくれたものの一つが、地球ゴマです。回転音をさせながら、糸の上ですごい速さで回るので、前から持っていた木製のコマと同じものとは信じられませんでした。他に「トウキョウのお土産」でもらったものは、読めない字が書いてあるふさふさの本や、折り紙の1/4サイズで1000種類くらい(本当は20種類くらい)の異なる模様の千代紙の入った箱、光る粘土などで、未知なるトウキョウはきっと驚くようなものが何でもある、すごい所なのだろうと思いました。

ヴンダーカンマーによくあるかっこいい天球儀は高価なので、私は形が似ている地球ゴマで良いと思いました。特にありがたくもない感じで実家に転がされていたのをもらってきました。その後、2年程度で地球ゴマの生産中止が発表され、価格が大高騰しました。高騰したからにわかに大切になったわけではなく、玩具で遊ぶ子供が成長してからも保管しておいてくれた親に感謝しなくてはなりませんが、驚異の棚に飾っているのは、拾ったもの、作ったもの、ありふれたもの、価値のないガラクタばかりであるところ、地球ゴマだけはちょっとしたお宝です。大人が見ても、きれいな形だと思います。

子供の頃に憧れた東京は、何でもある、すごい所ですが、上京する頃にはかつてのように驚いたり、すごいと思うことはなくなってしまったし、欲しいものがあっても、学生には買えませんでした。多少は自分の自由になるお金ができる頃には、毛皮の付いた絵本や、千代紙はいくらなんでも子供っぽく、欲しいもの自体、あまりなくなってしまいました。