2016年4月30日土曜日

百草園再び



昨年は梅の時期に行った百草園を再訪しました。「あと130メートル」の看板から先の坂がきついですが、坂がきついと分かっていても行きたくなります。


藤とアヤメ(アヤメ、ハナショウブ、カキツバタ問題はとりあえず置いておきます)が目当てでした。17時までの開園であるところ、16:30頃行ったので貸し切り状態で園内の売店もシャッターを下してしまっていて、閑散としていました。混みすぎていると歩きにくいですが、あまりにも人がいないと居たたまれない気分になります。







園内を巡回していた管理人さんが「早く閉めたいんだけど」という目で見るので、早々に退散しました。庭園は閉園間際に行くものではないと思いました。秋には、竹の中に灯りをともして、紅葉を鑑賞するというイベントがあるそうなので、機会があれば行ってみたいものです。

2016年4月9日土曜日

春なので





お花見をして、大きなイチゴを食べ、プランターにペーパーカスケード(ハナカンザシかも)を植え、スミレを摘んできて飾りました。ヒマ人だと思います。

ペーパーカスケードの奥の鉢植えは頂き物のスズランです。昨年の夏は水やりをサボっていたし、冬には跡形もなく消えてしまったので、ダメになったのかと思っていましたが、暖かくなると芽がたくさん出てきました。咲くかどうかは別問題ですが、(サボったくせに)ちょっと期待しています。ペーパーカスケードは、むしろ水やりのし過ぎに注意で、土が乾くまで水は必要ない、とのことなので、これならできそうだと思いました。


ペーパーカスケードは、昨年、アンティークショップで初めて見て、そのお店に陳列されているものの中で一番きれいだと思いました。精巧に作られた、時代物の造花なのだろう、と思って「これは何でできているのですか。いつ頃のものでしょうか」などと訊いてしまったのですが、「それはドライフラワーです。私が育てたのを乾かしました。鉢植えで簡単にできますよ。一つ差し上げます」と言われて、頂きました。自分でも作ってみたいと思って、いくつかの花屋さんで「ペーパーカスケードはありますか」と訊ねましたが、「ペーパーカスケード?そういう花は知りませんね」と言われることばかりでした。でも、いつも週末に買い出しに出かけるホームセンターにありました。

スミレは地味な花のようにも思いますが、群生を見つけるとうれしいです。庭があれば作りたい花の一つです。紫一色の、野性的な、慎ましやかなスミレが好みで、パンジーやヴィオラではダメなのです。

2016年4月3日日曜日

お花見



数年前の寒い時期に、すごく落ち込むことがあり、その後数カ月は養生のため会社にもあまり行かずに、須賀敦子氏のエッセーばかり読んで過ごしました。季節が変わる頃には回復し始めましたが、桜の時期になるといつも、その時に読んでいた『ヴェネツィアの宿』所収の、「カティアの歩いた道」の一節を思い出します。著者がフランスへ留学していた時のルームメイトであったドイツ女性のカティアと、40年振りくらいに東京で再会する、という内容です。
「透明な蜜を流したような4月の夕方だった。(中略)土手に上ると、そこだけ樹木が密生していて、深い森に来たようだった。地面が湿っているのを敬遠してか、その辺りだけは花見客の姿が途だえ、紅白の幕もなかった。人影のない薄闇をとおして見ると、空気がさくら色に染まって、音のない音楽の中を手さぐりで迷い歩いている気がした。地面に散り敷いた花が、あたりをぼんやり照らしている。」
 きっと、桜には十人十様の思い入れがあるのだろうと思いますが、上記の一節に感銘を受け、私は決して桜の下で他人と飲食したり、騒いだりするまい、と思いました。そして、桜の時期に晴れたら、むりやり休みを取ってでも夕方に、ひっそりと見に出かけたい、と思いました。

オフィスの引越しがありました。忙しそうにしている同僚の業務分担を「私がやっておきますね」と引き受ける習性があるので、16棹ある本 棚のうち10棹の荷造りを私が行う羽目になってしまい、週末は使いものになりませんでした。でも、夫は私が花を見たがっているのをずっと気にしていて、近所の桜が満開だったとか、どこそこの桜がきれいだった、と教えてくれるので、せっかくなので夕方に見に行きました。持参したカメラは壊れていて、携帯電話を忘れたので、写真が撮れず残念でした。駅前の桜並木は名所に数えられているようです。古風な街灯と、落ち着いた雰囲気の個人宅に桜が映えて、良い眺めでした。これこそが日本で最も美しいものだ、と確信しています。

カメラが壊れたついでに、行こうと思っていた蕎麦屋さんの蕎麦が売り切れで入れなかった、というオマケもつきましたが、帰りには彼岸桜と、イチゴも買い、まずまずのお花見でした。

2016年4月2日土曜日

辞書登録・署名




健康診断を受けた夫が「採血の人がうまくて、手早いし、静かにやるから振動が伝わらんし、熟練の技でまったく痛くないねん」と言っていました。それこそが理想の職業人の姿です。作業自体がそこまで重要視されることはなくても、細かいところにプロ意識を発揮し、静かに、速くやって、苦痛を与えない、ということはすばらしいです。出世して権力を握りたいなどと思いませんが、速く、静かに、目立たず仕事をこなしたいものです。

毎月35件ほどの契約書審査と、 法律相談数件、外国でのJVの関連の対応及び文書管理が私の主な職務です。毎日大量の文章を書くことが要請されます。読んでも誰も喜ばない、事務的な文章を短時間で量産することが唯一の特技なので、仕事は苦痛ではありませんが、他の人に忙しそうと思われたくはありません。あの人、いつもヒマそうだから、という印象を与えて、60頁の英文契約を2日間で精査して修正・コメントしなさい、とか、A4の3頁を2時間で和訳しなさい、と言われることこそが「おいしい」と思います。

短い納期を指示されても、期限より早く仕上げることこそがヒマ人と思われるために効果的であり、どんどん仕事を振られますが、速くこなして穴だらけなら信用が落ちますから、穴を作らないようにするために、パターンを作ろうと試みています。

その1は、メールの署名を30種類ほども登録することです。仕事で出すメールの半分はパターンなので、宛名+署名で完成で、数十秒で出せます。

その2は、辞書登録です。長すぎる文章は辞書登録できませんが、2文くらいまでは登録できます。また、毎日100回もタイプする単語や短文(例えば、「よろしくお願いします」、「株式会社」、「契約」、「損害賠償」等々)をアルファベット2~4文字で登録しておけば、打鍵の回数は1/4以下にはなりますし(数えてはいない)タイポも大幅に減ります。雛形や過去事例からのコピペも重要ですが、それだけでは賄えないので、自分でゼロから書くときも、人力で動かす部分を極力減らします。なお、「コピペ」というと印象が悪いですが、過去の回答との整合性を保つため、コピペはむしろ奨励されています。数百の単語や文章を辞書登録することは昨年末頃から始めたばかりですが、かなり便利で、これまで10年以上もこれをやらないで文章を書いてきたことが悔やまれてなりません。

その3~その10くらいまでは、Excelの技を使うとか、書類に目次とタブを付けるとか、庶務は都度やるとか、帰宅時には机上にPC以外のものがないようにする、等ごく普通のことです。以下のような本を買って、作業をするとき参照しています。ただ、「ワザ」の習得は、本を読んで終わりではないので、身に付くまでが大変です。知識・経験・能力で同僚に勝ることは不可能であり、採血もできませんが、コンピュータ操作であれば、知識・経験・能力・採血よりも習得は易しそうなので、せめて(小手先の)ワザを磨いていきたいと思います。